ネガティブブランチ


TOCには3つのツールがあり、
それぞれ、下記のような役割を持ちます。
(1)クラウド
   ・・・問題を分析し、解決策を見つける。
(2)ネガティブブランチ
   ・・・解決策の実現可能性を確保する
(3)I/Oマップ
  ・・・解決策の実行可能性を確保する。
今度は2番めのネガティブブランチを考えてみました。
P42からは主人公アレックスと息子のデイブとの話になります。
デイブが、アレックスが2週間出張に行っている間に、自分に車を貸してほしいとねだってきたのです。
これにはアレックスは難色を示します。とりあえず「考えておく」とだけ伝えてお茶を濁しました。
それでは何故貸してはいけないのか、ネガティブブランチを用い、アレックスの気持ちになって考えてみました。
ネガティブブランチでは、「アイデア」や「解決策」における、未来の心配な事を書き出していきます。
●とりあえずあげてみました。
・デイブに車を貸すと、デイブが事故を起こす可能性がある。
・デイブに車を貸すと、車が傷つく可能性がある。
・デイブに車を貸すと、デイブは車を使って当然と錯覚してしまう。
・デイブに車を貸すと、自分が車を自由に使えなくなる。
こんなところでしょう。
・デイブに車を貸すと、デイブが事故を起こす可能性がある。
・デイブに車を貸すと、車が傷つく可能性がある。
の2つですが、これは車を貸したから、という理由に起因するものではなく、
免許を取得して車を運転する以上、起こりえる事かと思いますので、
今回デイブに車を貸せないという理由にはなりません。
どうやら、下記の2つの事ではないでしょうか。
・デイブに車を貸すと、デイブは車を使って当然と錯覚してしまう。
             ↓
・デイブに車を貸すと、自分が車を自由に使えなくなる。
それならば、
「デイブが車を使って当然と錯覚してしまう」事がないように考えて行けばよいのではないでしょうか。
それにはどうしたら良いでしょう。
「期限付き」=「出張の間だけ」貸すという事ではどうでしょうか。
出張から帰ってきたら一切乗ってはいけない、そういう条件付きで車を貸す。
これならば、良いアイデアです。
一応私達はそういう結論を出しました。
bousicom

コメントを残す