大阪にてPG2回め

大阪の山崎さんのお店 ”タータスストア大阪” の2階の会議室をお借りして、

開催されたPGに参加してきました。

今回大阪では初という事で初めてのメンバーさんがほとんど。

といっても私も2回めですので同じようなものです。

大阪の方々はやはりアドリブでのギャグや会話が凄い。

ほとんどの方が初対面の中、当然私は借りてきた猫状態です。

なかなか前に出ていけず、[HOME!]などもテンションが高くできません。

でも3ゲーム目からは調子出てきました。

ゲーム形式で長くやると仲間意識ができ、自然と打ち解けるものなのですね。

 

さて、今回は自分で意識してそうしたわけではないのですが、

つい最近頭の中で描き出していた将来の目標(というより生涯の目標でしょう)をテーマに選んでいました。

2分以内の短い時間で考えるという事で、やはり潜在的に考えている事が素直にでてくるのでしょう。


そのテーマは

(1)「コンピュータとの出会いが原点」

(2)「無料の学習塾(寺子屋)を作る」

(3)「助言者になる」

という事でした。


(1)については、まあ、そんなもんかな、、、という感じ。特に強烈なものではなく、自分が出した回答ももらった質問も平凡だったかと思います。

その中で、「初めてプログラミングしたプログラムが動いた時の感動」というものが最終の答えとしてでました。

確かにこういう気持ちが原点ですね。仕事にも通じていくものだと思います。平凡ですが、新たな発見でもありました。


(2)については実は最近テレビでNPOでそういう事をやっていらっしゃる方の事を見たからです。

教育を受けたくても経済的な理由等で塾に行くことができなかったり、進学を諦めたりそういう子ども達の為に

無料の塾を開いているという話でした。

たとえば僕が今の仕事をリタイヤした後、何をやっていくのかそういう事を最近は少しづつ考えるのですが、

自分の歩いて来た道の中でできる事、人に感謝される事、充実してやりがいのある事、それら総合的に考えた時に、無料の教育塾(ビジネスではなくボランティアに近いもの)というのはすべてに合致しそうです。

されにそれが無償で運営・提供できるものならばこんなに素晴らしい事はありません。

質問を受け、回答していく中で、自分の答えの中には矛盾もあるし、まだまだ煮詰まっていないところが多々ある事がわかりました。

おそらく、こういう作業を繰り返していく事で実現に近づいていくんですね。


(3)については振り返ってみると(2)のテーマに近いです。(2)のテーマをさらに掘り下げて行った結果、こうなったと

いう事ですね。

(ちなみに、引いたカードは「なりたい自分」だったのですが、

これが他のカード「やりたい事」でも「生きる目的」でもやはり同じですね。

「あなたの原点」でももしかすると同じテーマになるかもしれない。

そういう風になっているのですね。新たな発見です。^^)

僕は何かしら人に「助言」を与える事で感謝され、自分自身に充実感を得るような生き方がしたいのですね。要は。

質問の中で「いくら報酬をもらうか」というものがありました。

僕は「無料でいいです。」と即答しました。(※2回めは35,000円だったですけど^^;矛盾しているので突っ込まれました。)

もちろん生活の糧としてお金は必要なのですが、

たとえば5年後、10年後であれば、子育ても終わり子どもも就職して経済的に自立。家のローンも終わる。自分たちの趣味やレジャーで散財するお金も減る。という事でこれからは段々とお金は少なくて良くなって来ると思うんです。

だからお金はいらない。

運営にかかる費用はどっかからか出してもらう。(僕は国や地方自治体から出してもらうのが良いと考えています)

現時点ではこういう風に思っているよ、という事がわかりました。

さて、6ヶ月後、1年後、2年後にどう変わって行っているのだろうか、興味津々です

bousicom

PG初参加

昨日福岡で開催されたPGゲームに参加してきました。

何でも包み隠さず話そうと決めていましたので、ドロドロしたものを全部吐き出しました。

ですので、同テーブルの他参加者の方には精神的負担をかけたかもしれません。

1点、自分が普段思っていなかった言葉が出ました。
それは、僕は組織に支配されるのが大嫌いで、ルールに縛られることに嫌悪感を感じる。それはルーツをたどって行くと僕の生まれた博多の町のお祭りである博多山笠の組織による絶対的服従”支配”に拠るところが大きい。

こんな話だったのですが、自分で話して行くうちに、それは「組織への無意識の嫌悪感」という”逆支配”という言葉が出ました。

これこそが僕を苦しめている原因だったのだと思いました。

あと、僕が残りの人生をただの”刺繍屋”として生きるという事も言いました。

みんな馬鹿にせず、反論もせず聞いてくれました。

聞いてもらえるだけですっきりしますし、自分で話していてこれはちょっと違うかも、思いが行き過ぎているかも、とも感じました。

その時しっかりした答えをもらえなくても後でじわっと効いてくる気がします。

成果は1,2個あれば充分です。

あと、質問や回答に点数を入れるのは必要なのかどうか、は考えなければいけないところだと思います。

点数が高ければ得意になってしまうだけかもしれませんし、そつなく答えて共感を得ただけ、とも言えます。

全質問・回答は同じ点数(MAX5点)にして、平均値で見たほうがいいような気もしますね。

あと、HOME!は褒めた人に点数(これもMAX5点評価で)を入れなければいけないのではないでしょうか?

ルールについてはまだまだこれから進化していくのでしょうね。^^

参加してよかったです。ありがとうございました。

ただ、懇親会ではちょっと思いが爆発してしまいまして、同席の方にご迷惑をおかけしました。

MGについて今まで僕が考えていたことをすべて吐き出してしまいました。これは殺伐とした現場になってしまいました。

でもこれも皆さん聞いてくれて、いいガス抜きになりました。
おそらくもう2度と言わないでしょう。

参加者の皆さんには申し訳ないです。

お酒、最近ぐっと弱くなりました。セーブする方法を身に着けないといけないようです。
これも今回の収穫です。

懇親会の参加は控えようかな…

bousicom