PG初参加

昨日福岡で開催されたPGゲームに参加してきました。

何でも包み隠さず話そうと決めていましたので、ドロドロしたものを全部吐き出しました。

ですので、同テーブルの他参加者の方には精神的負担をかけたかもしれません。

1点、自分が普段思っていなかった言葉が出ました。
それは、僕は組織に支配されるのが大嫌いで、ルールに縛られることに嫌悪感を感じる。それはルーツをたどって行くと僕の生まれた博多の町のお祭りである博多山笠の組織による絶対的服従”支配”に拠るところが大きい。

こんな話だったのですが、自分で話して行くうちに、それは「組織への無意識の嫌悪感」という”逆支配”という言葉が出ました。

これこそが僕を苦しめている原因だったのだと思いました。

あと、僕が残りの人生をただの”刺繍屋”として生きるという事も言いました。

みんな馬鹿にせず、反論もせず聞いてくれました。

聞いてもらえるだけですっきりしますし、自分で話していてこれはちょっと違うかも、思いが行き過ぎているかも、とも感じました。

その時しっかりした答えをもらえなくても後でじわっと効いてくる気がします。

成果は1,2個あれば充分です。

あと、質問や回答に点数を入れるのは必要なのかどうか、は考えなければいけないところだと思います。

点数が高ければ得意になってしまうだけかもしれませんし、そつなく答えて共感を得ただけ、とも言えます。

全質問・回答は同じ点数(MAX5点)にして、平均値で見たほうがいいような気もしますね。

あと、HOME!は褒めた人に点数(これもMAX5点評価で)を入れなければいけないのではないでしょうか?

ルールについてはまだまだこれから進化していくのでしょうね。^^

参加してよかったです。ありがとうございました。

ただ、懇親会ではちょっと思いが爆発してしまいまして、同席の方にご迷惑をおかけしました。

MGについて今まで僕が考えていたことをすべて吐き出してしまいました。これは殺伐とした現場になってしまいました。

でもこれも皆さん聞いてくれて、いいガス抜きになりました。
おそらくもう2度と言わないでしょう。

参加者の皆さんには申し訳ないです。

お酒、最近ぐっと弱くなりました。セーブする方法を身に着けないといけないようです。
これも今回の収穫です。

懇親会の参加は控えようかな…

bousicom

ネガティブブランチ

TOCには3つのツールがあり、
それぞれ、下記のような役割を持ちます。
(1)クラウド
   ・・・問題を分析し、解決策を見つける。
(2)ネガティブブランチ
   ・・・解決策の実現可能性を確保する
(3)I/Oマップ
  ・・・解決策の実行可能性を確保する。
今度は2番めのネガティブブランチを考えてみました。
P42からは主人公アレックスと息子のデイブとの話になります。
デイブが、アレックスが2週間出張に行っている間に、自分に車を貸してほしいとねだってきたのです。
これにはアレックスは難色を示します。とりあえず「考えておく」とだけ伝えてお茶を濁しました。
それでは何故貸してはいけないのか、ネガティブブランチを用い、アレックスの気持ちになって考えてみました。
ネガティブブランチでは、「アイデア」や「解決策」における、未来の心配な事を書き出していきます。
●とりあえずあげてみました。
・デイブに車を貸すと、デイブが事故を起こす可能性がある。
・デイブに車を貸すと、車が傷つく可能性がある。
・デイブに車を貸すと、デイブは車を使って当然と錯覚してしまう。
・デイブに車を貸すと、自分が車を自由に使えなくなる。
こんなところでしょう。
・デイブに車を貸すと、デイブが事故を起こす可能性がある。
・デイブに車を貸すと、車が傷つく可能性がある。
の2つですが、これは車を貸したから、という理由に起因するものではなく、
免許を取得して車を運転する以上、起こりえる事かと思いますので、
今回デイブに車を貸せないという理由にはなりません。
どうやら、下記の2つの事ではないでしょうか。
・デイブに車を貸すと、デイブは車を使って当然と錯覚してしまう。
             ↓
・デイブに車を貸すと、自分が車を自由に使えなくなる。
それならば、
「デイブが車を使って当然と錯覚してしまう」事がないように考えて行けばよいのではないでしょうか。
それにはどうしたら良いでしょう。
「期限付き」=「出張の間だけ」貸すという事ではどうでしょうか。
出張から帰ってきたら一切乗ってはいけない、そういう条件付きで車を貸す。
これならば、良いアイデアです。
一応私達はそういう結論を出しました。
bousicom